講師紹介 Introduction of professors

マスタークラス講師陣 Faculty (Master Classes)

ヴァイオリン Violine

ピエール・アモイヤル Pierre AMOYAL

ピエール・アモイヤル Pierre AMOYAL
ザルツブルク・モーツァルテウム音楽院教授

歴史ある霧島国際音楽祭に再び参加できることを嬉しく思います。昨年初めて参加し、生徒たちの真剣さ、質の高い音楽祭運営、私たちをとりまく美しい自然に非常に感銘を受け、実に感動しました。パリ、ローザンヌ音楽院、そして現在のザルツブルク・モーツァルテウムと藝大と、私は長年にわたり常に若き音楽家達との仕事に意欲的に取り組んできましたが、夏のアカデミーは私の教育に対する熱意を、さらに広げてくれます。コンサート・ヴァイオリニストとして活動してきたこれまで、私は師であるヤッシャ・ハイフェッツや、共演することができた偉大な音楽家たちから幸運にもうけとった驚くべき価値観を伝えていく強い責任を感じていました。2週間のマスタークラスでは、私は少なくとも4回のレッスンを行い、クラス全員によるコンサートを行いたいと思います。

藤原 浜雄 Hamao FUJIWARA

©尾形 正茂

藤原 浜雄 Hamao FUJIWARA
桐朋学園大学特任教授
東京音楽大学客員教授
元読売日響首席ソロ・コンサートマスター

期間中に1人あたりレッスンを4回は行うように心がけています。基本的に1対1の個人レッスンですが、他の受講生のレッスンを見ることも良い勉強になるので、できるだけ聴講してもらうようにしています。クラスの雰囲気はとてもアットホームで、最後には、それぞれが期間中の成果を発表するクラス・コンサートを行っています。限られた2週間の中で、できるだけ多くのことを学び、これから楽器を勉強し、優れた音楽家に成長していく上で何かヒントになるようなことを1つでも見つけて帰ってもらいたいと思っています。

ダニエル・ゲーデ Daniel GAEDE

ダニエル・ゲーデ Daniel GAEDE
元ウィーン・フィル コンサートマスター
ニュルンベルク音楽大学教授

私のクラスは毎回15~16人程度の受講生に、45分の個人レッスンを4回行います。受講生は全てのレッスンを聴講することができます。また、講習会の終わりに開かれるクラス・コンサートでは全員がそれぞれの演奏を披露できます。内容の濃い充実した時間と霧島の解放的な雰囲気の中で、どうしたら自分のテクニックや音楽的なアプローチの仕方を上達させることができるか、私と一緒に考えながら学びましょう。

ヴィオラ Viola

店村 眞積 Mazumi TANAMURA

店村 眞積 Mazumi TANAMURA
東京都響特任首席奏者
京都市響ソロ首席奏者
東京音楽大学教授

クラスの人数は、少数制で1人1人集中的にレッスンができるようにしています。ヴァイオリンからヴィオラに転向する人もいますが、そもそもヴァイオリンとヴィオラは、根本的に異なる楽器です。このような生徒さんには、楽器の構え方や弓の持ち方など、基礎の基礎から地道にレッスンを行っています。音楽祭期間中、可能な日は出来る限りレッスンを行い、限られた2週間の中で、しっかりと基礎を学んで帰ってもらえるような指導を心がけています。

チェロ Cello

堤 剛 Tsuyoshi TSUTSUMI

©鍋島 徳恭

堤 剛 Tsuyoshi TSUTSUMI
当音楽祭音楽監督
サントリーホール館長
桐朋学園大学特命教授
芸術院会員

チェロクラスをより充実させ受講生の方々により多くの事を学び、幅広い経験を積んで頂きたいという考えのもと、チェロクラスは一つの大きなクラスとして機能し、イ先生、私を中心にして田中、菊地、ホワン先生からレッスンを受ける事が可能です。多角的な面からチェロ奏法、音楽解釈、キャリアビルディング等を学んで頂きたく思っています。基本的にクラスの形は欧米でのマスタークラスと同じオープンクラス形式です。自分自身がレッスンを受ける時だけでなく、他の受講生のレッスンを聴講する事によってより豊かな体験となり、日本語だけでなく韓国語、英語、ひょっとすると他の言語も混じったとてもインターナショナルな雰囲気をも味わえます。真に国際音楽祭に相応しいクラスになっていると言って良いでしょう。可能な限り自分を磨き、出来るだけ多くの事にチャレンジしてみて下さい。

イ・カンホ Kangho LEE

イ・カンホ Kangho LEE
韓国芸術総合大学教授

霧島国際音楽祭で、素晴らしいチェロの先生たち、特に、チェリストとして教育者として私の模範でありインスピレーションを与えてくれる堤先生と一緒に、合同クラスを持てることは、大いなる栄誉です。チェロクラスは、オープンクラス形式の大きなクラスですので、互いに学びあう場となり、参加者が国際音楽祭ならではの多文化を体験し、オープンで成熟した音楽家として成長する役に立つでしょう。霧島国際音楽祭で素晴らしい仲間と有能な生徒と一緒に働くことを大変楽しみにしています。

音楽祭参加のチェリスト(田中雅弘、菊地知也ほか)からもレッスンしていただく場合があります。

ピアノ Piano

ダン・タイ・ソン Thai Son DANG

ダン・タイ・ソン Thai Son DANG
ショパン・コンクール優勝
ショパン・コンクール他国際コンクール審査員
モントリオール大学客員教授
オーバリン大学教授

霧島国際音楽祭のマスタークラスは日本と海外の受講生両者の音楽が、素晴らしい自然環境の中で実際に出会い、語り合い、感じ合うことができる貴重な場です。私のクラスでは45分のレッスンを受講生それぞれに少なくとも4回行い、レッスンは全て聴講自由としています。期間中、様々なコンサートで演奏できる機会があり、またマスタークラスの最後にはクラス全員参加のクラス・コンサートを行います。

シプリアン・カツァリス Cyprien KATSARIS

©Carole Bellaiche

シプリアン・カツァリス Cyprien KATSARIS
稀代のヴィルトゥオーゾ・ピアニスト
ジョルジュ・シフラ・コンクール最優秀賞

私はオフィシャルには教授ではありませんが、マスタークラスの間に若いピアニストの力になれるのは嬉しいことです。霧島国際音楽祭では特に!受講生の手の中にすぐに上達が見て取れること、そして音楽の本質としてのピアノ演奏の仕組みを受講生が理解できるよう助けることは、私にとって非常に重要なことです。私は皆さんに、技術的問題をどのように直ちに解明するかをお見せします。それにかかる時間が30秒なのか、あるいは30分なのかも知れませんが。私は時に若いピアニストのことを、生徒というより仲間と見なすことがあります。私は何も押し付けることなく解釈の選択肢を提案し、違う選択にも喜んで耳を傾けます。結局のところ、音楽は様々な解釈を許容しているのですから、私が目指すのは、若いピアニストの希望に従ってその能力を最大限に伸ばせるよう貢献することです。結局、若者とは成長し花を咲かせることが必要な花なのですから!

エリソ・ヴィルサラーゼ Elisso VIRSALADZE

エリソ・ヴィルサラーゼ Elisso VIRSALADZE
モスクワ音楽院教授
フィエーゾレ音楽大学大学教授
シューマン国際コンクール優勝

ムーティやテミルカーノフを始めとする著名な指揮者が熱い信頼を寄せる世界的大ピアニスト。ルービンシュタイン、チャイコフスキーなどの著名な国際コンクールの審査員も務める。門下からはボリス・ベレゾフスキー、アレクセイ・ヴォロディンなど世界のトップクラスのアーティストを輩出。
「霧島に戻れることは私にとって大きな喜びです!受講生がよく準備し、弾きこんだ曲を、さらに掘り下げて解釈を深め、それぞれの音楽的表現を引き出せるよう、手助けしたいと思います。期間中に受講生ひとりにつき4回のレッスンを行い、講習会の最後には選抜した受講生によるクラス・コンサートを行う予定です。」

フルート Flute

工藤 重典 Shigenori KUDOU

©土居 政則

工藤 重典 Shigenori KUDOU
東京音楽大学 教授
昭和音楽大学 客員教授
パリ・エコールノルマル音楽院教授

フルートクラスは、ソロやオーケストラスタディ、室内楽などのレパートリーを幅広くレッスンしたいと思います。生徒一人ひとりの独自のカリキュラムで行いたいと思います。また、先生と共に実演を交えながら、フルートアンサンブルのレッスンも行います。生徒が抱える問題点を、丁寧にディスカッションしながら、個性を活かせるように解決していきます。同じ屋根の下で充実した日々を過ごし、仲間として、先生、生徒の垣根を取って音楽について語り合えればと思います。

トランペット Trumpet

高橋 敦 Osamu TAKAHASHI

高橋 敦 Osamu TAKAHASHI
東京都交響楽団首席奏者
洗足学園音楽大学客員教授
上野学園大学客員教授
東京音楽大学講師

近年はプロの演奏家を目指す音大生以外にも、音楽教室の講師やフリーの演奏家、または中学校教師、主婦、音大志望の高校生など多方面から参加して下さり、とてもアットホームな雰囲気でトランペットの演奏や音楽の本質と向上を目指した一週間を過ごしています。また、韓国、台湾、香港、ベトナムなど海外からの参加者も多く、ちょっとした国際交流の場にもなっています。レッスンは全ての受講生に対して1時間程度の個人レッスンを1人あたり3~4回行い、それ以外にグループレッスンでオーケストラ・スタディを計2時間行っています。また、クラス全員でトランペットアンサンブルのコンサートを行なったり、オーケストラ・スタディで学んだことをファイナルコンサートのオーケストラ演奏で披露したりと内容の濃い充実した一週間を通して、演奏技術の向上のみならず、様々な音楽表現や自身の音楽性の成長を実感し、音楽祭後の生活にも役立ててもらっています。過去の受講生には国内を代表する演奏家や音大進学者、それから海外留学をしてヨーロッパで活躍している者もいます。もっと上手くなりたい、もっと演奏を楽しみたいという気持ちがあれば、初心者の方でも大歓迎です。

ホルン Horn

日髙 剛 Takeshi HIDAKA

日髙 剛 Takeshi HIDAKA
東京藝術大学准教授
国立音楽大学講師
名古屋音楽大学客員教授
元NHK交響楽団ホルン奏者

ホルンを演奏する上で必要な表現力やアンサンブル能力が少しでも向上できるよう、基礎練習や音楽表現からのアプローチだけでなく、楽器の構え方や口腔内の状態、姿勢と呼吸の関係といった身体的なアプローチからも取り組みます。この双方向のアプローチが重要であると考えています。個人レッスン(1人あたり30分を期間中3~4回ほど実施)が基本ですが、グループで受講生同士の演奏をお互いに聴きながら、クラスの「和」を大切に伸び伸びとした雰囲気を心がけています。大自然に囲まれた霧島にて、ゆったりと充実した時間を共に過ごしませんか?

声楽 vocal

アンドレア・ロスト Andrea ROST

アンドレア・ロスト Andrea ROST
ウィーン国立歌劇場、スカラ座、MET他、世界5大歌劇場を制覇したプリマドンナ。

歌唱力をさらに磨くために、霧島国際音楽祭の私のマスタークラスに参加する、音楽に身をささげる歌手たちをお迎えすることを楽しみにしています。真の歌手は、解釈、深い集中、緻密さをもって、作曲家の意図に正確に決意を持って従い、定式化されたキャラクターを人生で満たすことに努めることで、完成されるものです。これが歌手としての私たちの究極の目標であり、私が私のコースを通して生徒に教えたいことです。

男声・女声問わず、全ての声域(ソプラノ、メゾ、アルト、テノール、バリトン、バス)の方が受講可能。
今回は、前回までの充実した内容はそのままに、10日間の短期集中クラスとして実施します。
今年のテーマは「モーツァルトに集中!」 自由曲の他、課題曲として全員モーツァルトのアリアを準備して下さい。

ソロクラスと室内楽の同時受講可能! 複数の講師がレッスンします。

室内楽 Chamber music

練木 繁夫 Shigeo NERIKI

ピアノ
練木 繁夫 Shigeo NERIKI

桐朋学園大学教授
国立音楽大学招聘教授
相愛学園大学客員教授
エリザベト音楽大学非常勤講師
元インディアナ大学教授
サントリー室内楽アカデミー・ファカルティ

ソリストと室内楽奏者が区別されていた時代は遠く去り、未来を担うピアニストにとって、今や室内楽は、ソロ、コンチェルトと同様に極めなくてはならない分野です。室内楽は地味な存在と言われていますが、自らの作品を地味に仕上げた作曲家は1人もいません。さあ、素晴らしい霧島で大きな室内楽に接し自分を大きく育てましょう。
※希望者は室内楽と同時に、練木先生によるピアノ・ソロレッスンも受講可能

松原 勝也 Katsuya MATSUBARA

ヴァイオリン
松原 勝也 Katsuya MATSUBARA

東京藝術大学教授
元新日本フィル コンサートマスター

室内楽クラスは、受講生の皆さんと私たち講師が講習会の最後に開催されるコンサートに向けてリハーサルを重ねていくアンサンブルの実践プログラムです。弦楽四重奏、ピアノトリオ、デュオなど様々な編成で受講生・講師のグループが組まれます。私たちが音楽的経験の中で培ってきたものを伝えるだけでなく、皆さんからもいろいろな意味で刺激をもらい、共に高め合えるような素晴らしい2週間にできたらと心より願っています。

田中 雅弘 Masahiro TANAKA

チェロ
田中 雅弘 Masahiro TANAKA

東京都響首席奏者
チャイコフスキー・コンクール・ファイナリスト、ディプロマ受賞
当音楽祭第1回修了生

日本の第一線で活躍している演奏家の方々と室内楽を組み、寝食を共にしながら一つの音楽を作り上げていく課程を共有できることは、皆さんにとってとても貴重な経験となることでしょう。このような素晴らしい経験を味わえるのは霧島国際音楽祭ならではだと思います。ソロクラスを受講する方も室内楽クラスの受講ができますので、是非たくさんの方にご参加頂きたいと思います。